治療器について

●低周波治療器

痛みの部分には疲労物質(乳酸・キニン類)が溜まります。
低周波(1~100Hzの電流)を末梢神経に流すと血行を良くし疲労物質を取り除きます。また、疾患部の痛みを脳に伝える神経伝達速度より、速い速度で痛みを伝える信号を遮断し痛みを抑えます。

●干渉波治療器

片方の導子から1200Hzの電流を流し、もう片方の導子から1100Hz~1199Hzの電流を流すと、体内の奥深い ところでぶつかり合い、特別な刺激が発生します。
それにより、深部の筋などが刺激され、筋緊張が取れ痛みが改善していきます。

●赤外線治療器

赤外線は、可視光線より波長の長い熱線で目に見えません。
皮下組織への吸収が良く温泉のような穏やかさで身体を温め ます。赤外線の温熱効果により、皮膚の血管を拡張し、血液の流れを良くして新陳代謝を活発にし、筋肉のこりをとったり、神経痛や筋肉の痛みを和らげます。

●極超短波治療器

熱は主に深部の筋肉組織に伝達され温熱効果を発揮します。

●ウォーターベッド

水の力で全身を刺激し、マッサージ・リラクゼーション効果が得られる機器です。

●ES520

7種の多彩な電気刺激モードを、この1台に。
目的・症状に応じた、幅の広い治療を実現します。
  • 4極干渉波モード
  • 2極干渉波モード
  • EMSモード
  • RUSSIANモード
  • Hi-Voltageモード
  • TENSモード
  • MCRモード
患者様一人ひとりの状態やその時々の状況に対応し、
効果的な治療を実現します。

●AT-mini

低周波治療器。

●牽引機

自動で頸椎、腰椎を牽引し筋肉を弛緩させます。
頸椎、腰椎の治療をします。